外壁塗装・塗装工事・屋根塗装・防水工事・塗料卸販売の松田敏商店

大阪府知事許可(般-28)第-116740号取得

塗料卸販売の松田敏商店

塗装・雨漏りに関するご相談・お問い合わせはコチラ

お電話の受付時間 9:00~19:00(平日)

0120-522-224

外壁塗装とは建物の補修と保護、美観、そして現在では塗料の進化によりさまざまな付加価値(防藻、防カビ、遮熱)を付ける事ができるようになってきております。
さて、外壁材とはどのような種類があるのでしょうか?
戸建住宅の外壁材は大きく分けても数種類しかありません。

窯業系サイディングボード

現在では戸建住宅では約8割のシェアを誇る外壁材がこの窯業系サイディングボードです。
ほとんどの住宅にはこの材料が使われておりその中でも、4種類に分類されます。

① 窯業(ようぎょう)系サイディング

② 金属系サイディング

③ 木質系サイディング

④ 樹脂系サイディング

①~③までのサイディングボードの場合は約10年を目安に塗り替えが必要になってきます。
④樹脂系サイディングはメンテナンスフリーをうたっており材料自体に着色のための『顔料』が混ぜ込まれているので長期間、経年による色の剥げや、色落ちを防げるので塗装の塗り替えはあまり聞きませんが、例外もあるので一概には言えません。

塗り替え目安

・サイディングボードの反り
・シーリングのヒビ割れ(劣化)
・チョーキング(手で触ると白い粉がつく現象)
・カビ・コケの発生
・変退色
・錆
などがあげられます。

シーリングのひび割れ(劣化)

対応塗料 上塗り(日本ペイント)

弊社おススメ

・パーフェクトトップ(ラジカル制御)
・サーモアイウォール(外壁用遮熱塗料)
・ピュアライドUVプロテクトクリヤー

モルタル

住宅外壁材で次に多いのが、モルタルです。
モルタルとは、セメントと砂を混ぜ合わせて作られているため非常に丈夫な外壁です。
モルタル外壁は大正から昭和初期にかけて復旧しはじめたと言われております。


モルタルのメリットは意匠性に優れていて、サイディングに見られるシールがなく、材質が金属ではないので熱くなりずらいことがメリットではないでしょうか?
塗り替えの目安としては、新築時の5年~10年が塗り替えの時期になります。

モルタル壁仕上げ形状の種類

✓ 吹き付けタイル壁
✓ 吹き付けリシン壁
✓ 吹き付けスタッコ壁
✓ 左官仕上げ
以上のように大きくわけられます。

塗り替え目安

・チョーキング(手で触ると白い粉がつく現象)
・変退色
・ヘアクラック、クラック
・塗膜の膨れ、剥がれ
・欠損など
・カビ・コケの発生

対応塗料 上塗り(日本ペイント)

弊社お勧め
・パーフェクトトップ(ラジカル制御)
・サーモアイウォール(外壁用遮熱塗料)
・パーフェクトセラミットトップG

パーフェクトトップ

ALCパネル

ALCパネルとは、軽量気泡コンクリートと呼ばれる外壁材です。
コンクリートと言えば重たい、硬いというイメージがありますが、ALCは非常に軽い素材でできており、耐火性、遮音性、断熱性に優れているといわれております。
耐火性においては国土交通省にも認定されている外壁材となります。
やはりALCパネルの塗り替え時期も約10年~が目安になってきております。

ALCパネルの種類

薄型:主に木造住宅で使用
厚形:鉄筋コンクリートで使用

塗り替え目安

・シーリングのひび割れ(劣化)
・チョーキング(手で触ると白い粉がつく現象)
・変退色
・ヘアクラック、クラック
・カビ コケの発生
・塗膜の膨れ 剥がれ
・欠損など

白い粉がついたら塗り替えの目安

対応塗料 上塗り(日本ペイント)

弊社お勧め
・ パーフェクトトップ(ラジカル制御)
・ サーモアイウォール(外壁用遮熱塗料)
・ パーフェクトセラミットトップG

屋根材に塗料を塗装することで雨風、紫外線の保護と補修を目的としております。
最近では塗料が進化しており屋根専用の塗料が各メーカーからでてきて防カビ、防藻、遮熱、その他様々な付加価値をつけることができるようになっておりますが既存の屋根材の劣化により塗装できないこともあります。
基本的には塗料が劣化しトラブルが発生する前に塗り替えを行う必要があります。
メンテナンスでは足場が高いところでもあり、危険が伴うためご自身ではなく専門業者におまかせください。

屋根材の種類

✓ スレート(コロニアル、カラーベスト)
✓ 瓦(和瓦、洋瓦、セメント瓦)
✓ トタン
✓ ガルバリウム鋼板
✓ ステンレス
✓ アスファルトシングル
✓ その他

塗り替え目安

・チョーキング(手で触ると白い粉がつく)
・カビ、コケの発生
・屋根材のひび割れ(クラック)(ヘアクラック)
・スレート材の反り
・色の変退色
・その他

対応塗料 上塗り(日本ペイント)

弊社お勧め
・ファインパーフェクトベスト
・サーモアイ

日本ペイント(株)の
サーモアイ・遮熱塗料を使用します

遮熱塗料とは、太陽光の熱を跳ねのけて熱を塗膜に浸透させない。(室内に熱を入れない)効果があります。
真夏の暑い太陽光を遮熱塗料が跳ねのけて室内に熱を入れない効果があるので、近年の猛暑でも太陽光による室内の温度上昇を防いでくれます。
その効果はおよそ2度~3度の効果があるといわれています。

以下の図の実験は、日本ペイントの遮熱塗料サーモアイを使った実験により出た温度差の結果です。
(日本ペイント(株)サーモアイカタログより)

サーモアイカタログ

このように、室内の温度差を3°C削減した結果が出ております。

節電効果

遮熱効果によりエアコンの室内温度を低く設定できるので、光熱費の節約が出来ます。

長い対応年数

当社の取扱商品である日本ペイント㈱製のサーモアイ遮熱塗料は、13~15年の耐用年数です。

長寿命化

屋根や外壁が1番劣化する要因は太陽光です。
遮熱塗料を塗布する事で塗布面の温度を低くする事が出来ますので、熱による素材への影響を低くし、屋根や外壁の長寿命化を図れます。

防水工事とは防水材料を使ってベランダや地下室、屋根、室内床や水槽類などに防水、防湿のために行う工事で工法別に塗膜防水とシート防水の2つに分類されます。

防水工事の種類

塗膜防水

ウレタンを原料にしたものやFRPを素材にしたものがあり、現在はウレタン防水の需要が圧倒的に多い。
ウレタン防水(ウレタン塗膜防水工法)は、塗料状のウレタンゴムを屋上やベランダなどに刷毛、金ゴテ、ゴムべら、吹付機械などで塗って防水層を形成する工法でメリットは大きく4つあります。


1: 他の防水工法に比べ安価でできます。


2: 継ぎ目のない防水層が形成できます。
継ぎ目があると、そこから雨水が浸入する可能性があります。ウレタン塗膜防水にはその心配がありません。


3: 塗り重ねができます。
次回の防水改修工事の際、既存のウレタン塗膜防水層を撤去することなく、その上から新しいウレタン防水を塗り重ねることが可能です。


4: 環境に対応した材料を使用しております。
臭いを抑えた環境対応型で、10年間塗り替え不要な高耐候性の材料を使用しております。

シート防水

シートを貼り付けることにより雨水の浸入を防ぐ防水工法のことを言います。シート防水はマンションやビルの屋上、住宅のベランダなどで広く普及しています。
シート防水はシート自体に防水機能があり、現在では塗膜防水が一般的ですが、塗膜防水に比べ臭いが少ないというメリットがあります。

調色イメージ

調色とは原色と呼ばれる色を塗料に混ぜて撹拌し決められた色を作る作業の事を言います。
世の中には様々な色で溢れています、単純に青でも、薄い青だったり、濃い青だったり、鮮やかなものだったりと多種多様です。

日本塗料工業会が発行しています日塗工という色見本帳があるのですが、2017年度版では632色もありほかの見本帳も合わせると、数えきれないほどの色があります、塗料業界だけでなく様々な職種にも色見本帳が使われています。

調色のポイント

調色イメージ

カラーマックス
クイックディスペンサー

日本ペイント特約店でもあります弊社では自社調色サービスがあり、日本ペイントの塗料を調色しており、大規模改修工事の大口缶数から戸建住宅の小口缶数さらにはDIY用の4㎏、1㎏と作ることが出来、塗料メーカーよりも早い対応が可能となっております。

又、弊社では国家資格であります塗料調色技能士の免許をもつ物が2名在籍しておりますので、安心してご注文頂けます。
塗替の一番のお悩みは色決めが大半をしめております、弊社では色のプロが丁寧にコーディネートさせていただきますとともに、弊社ホームページ内でも住宅色のシミュレーションもございますのでそちらも合わせてご覧下さい。

塗装・雨漏りに関するご相談・お問い合わせはコチラ

お電話の受付時間 9:00~19:00(平日)

0120-522-224
満足パック

外壁塗装の対応エリア

大阪府

大阪市

東大阪市

堺市

豊中市

高槻市

吹田市

大阪府全域

兵庫県

神戸市

西宮市

芦屋市

伊丹市

尼崎市

宝塚市

京都府

京都市

宇治市

向日市

京田辺市

城陽市

木津川市

八幡市

奈良県

奈良市

生駒市

大和郡山市

天理市

大和高田市

香芝市

滋賀県

大津市

草津市

電話をする メールでお問い合わせする